ブロッコリースプラウトのお陰で主治医に褒められた話

糖尿病記

広告

万能ブロッコリースプラウト

ブロッコリースプラウト、以前から体に良いと注目されてきましたので、ほとんどの人がその効果を知っているでしょうが、まだ知らない方はぜひ、読んでください(´∀`)

私も以前から自家キッチン栽培を始め、糖尿病の主人と共にほとんど毎日の夕食に食べています。

そのお陰か、主人の定期検診で主治医に「常に肝臓の状態が良い」と褒められたんですって!
私が褒められた気分でとても嬉しかったなぁ(((o(*゚▽゚*)o)))

現在の肝機能の状態

AST 20 / ALT 34

 

ブロッコリースプラウトが肝臓に良い理由

ブロッコリースプラウトに含まれる成分である「スルフォラファン」が肝臓が持つ解毒機能をさらに強化してくれるからです。

例えば、アルコール。「休肝日」という言葉ができるほど肝臓はアルコールを解毒しようと頑張って働きます。その解毒しようとする機能をスルフォラファンが手助けすることで肝臓の負担が減ります。

よくお酒を飲む方にも、ブロッコリースプラウト、超オススメします!

実際、主人は週に3〜4日は晩酌していますが、主治医に褒められましたよ♪

スルフォラファンの効能

ブロッコリースプラウトに多く含まれる「スルフォラファン」のおもな効果をまとめてみました。

・ピロリ菌除菌  ・花粉症抑制

・新陳代謝の促進

・抗酸化作用による血管や皮膚の老化やがんの予防

・脂肪分解の促進

・グルコースの生産が抑えられ、血糖コントロールが改善します。

他にも、高血圧や心臓病の予防効果なども出てきているそうです。

 

本当に万能で頼りになるブロッコリースプラウトですが、品種や生育状態でスルフォラファンの量は大きく変わるそうです。

日本で唯一、スルフォラファンの濃度による認定基準のライセンスを持っているのが「村上農園」さんです。豆苗などでも有名ですね。


私が毎日食しているブロッコリースプラウトのスルフォラファンの保有量は専門機関で調べないと正直わかりませんが、一般的な野菜よりも多く含んでいるのは確かです。

さらに、自家栽培をしていることで、発芽から3日目で食することができるんです。
発芽から3日目のブロッコリースプラウトは成熟したブロッコリーの約20倍のスルフォラファンが含まれていると言われています。

 

栽培方法

私は↓イングの森さんで購入しています。
クリックして紹介画像見ていただくとわかるのですが、(見るだけでお金は発生しないので安心して見てください♪)栽培方法が独特なんです!

ザルで栽培するという斬新さΣ(´∀`;) 注文すると、丁寧にザルの栽培方法の説明書まで同封してくれます。

ザル栽培を始めてから半年以上になりますが、失敗したことがありません。
1度に沢山の量を収穫して冷蔵庫で保存。サラダ感覚で夫婦で食していますよ。


↑私がザル栽培したブロッコリースプラウト、1回の収穫でタッパー2個分できます。シャキシャキで美味しいですよo(^▽^)o

美容効果

ブロッコリースプラウトには「βカロテン」が成熟したブロッコリーの3.5倍も多く含まれています。βカロテンは抗酸化作用が高く、老化防止や肌や髪の毛を健康に保ちます。

他にもブロッコリースプラウトにはメラニン色素の生成を抑制する効果があるので、シミやソバカスを出来にくくし、美白も期待できます。

さらに男性にも朗報!髪の発育を促進する育毛効果もあるんですよ♪

 

肝臓に何らかの異常を抱える人は、年々増えているようです。

みんなが健康に。私の主人のように肝臓数値、褒められるようになるといいですね(*゚▽゚*)

 

ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると更新の励みになりますので
↓写真のクリックをどうぞよろしくお願いします(>人<;)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。
 

 

スポンサーリンク

糖尿病記

Posted by mama