カラーボックスを真っ二つに切断して、ニトリとダイソーでおもちゃの分別、すっきり収納できました

DIY*ハンドメイド

広告

 

趣味のDIY披露です。
DIYというには雑ですが。

 

興味のある方は見ていってください。真似っこも大歓迎ですよ♪

 

今回の作品は↓です。

 

テレビ台とパソコン机の間のスペースに、おもちゃ収納を設置しましたヽ(´▽`)/

 

ト○○ァスト等の溝に箱を引っ掛けるタイプは、子供が上手にできなかったので、
子供でも簡単にできるような引き出しが作りたかったのです。

板を買いに行こうと設計図を書いていたら、あら?これはカラボで代用できるのでは?と思いバッサリやってみました(//∇//)

女の私だけで、切断から設置まで30分程度で出来上がりましたよ!

 

長男の4代分の仮面ライダーのベルト等のグッツ。長女のおままごとセットが綺麗に収まりました。

 

これまでのおもちゃ箱は、大きなボックスに何でも詰め込め〜。だったので、

一つのものを取り出すにもジャーっと箱ごとひっくり返されていました。

 

ガチャガチャで当たった小さなおもちゃ等、上の引き出しに仕分けして、仮面ライダーのベルト等は下の袋にしっかりと入りましたよ!

 

仮面ライダーグッツは、付属品が多くて・・・ボトル、ガシャット、アイコン・・・(;_;)

引き出しに仕切り板を入れ並べると、あら不思議。
長男は意外と几帳面だったらしく、自分で向きを揃えて並べ、「イイねー」とコレクター気取りです♡

 

 

今回は、元々自宅にあった3段カラーボックスを使用したので、天板のみ購入で¥1,400で仕上がりました!

 

最近のカラーボックスは板の中が空洞になっているものもありますが、今回は中身が詰まっているものを使用しています。空洞でもできないことはないと思いますが、強度が劣るのでご注意ください。
(真ん中辺りをマチ針などで指してみて、フスっと入ってまた止まる・・・と空洞です。確認ください)

 

作り方

単純です。真ん中からきります。

男性ならのこぎりで簡単に切断できるのでしょうが、私は機械に助けてもらいました。

速度が変えられるので女性でも扱いやすいです。

↓このように切断します。メジャーで測って半分になるようにしましょう。

背板は薄いので、カッターの方が切りやすいです。

スッと綺麗には切れませんでした。が、隠れる部分なので気にしません(笑)

後は天板を乗せるだけ。ウチでは両サイドに棚があり、天板をピッタリにしたのでビスで固定はしませんでした。必要であれば、固定してください。

 

天板の手前を出して設置すると、デスクにもなりますね。工夫次第で色々できそうです。

 

上の段の引き出しは、ニトリのインボックス、ハーフサイズを使用しました。

上下の棚にインボックスを使用すると、もっとスッキリして良いと思います♪

 

ニトリ インボックス 公式ページはコチラ。

楽天にもカラーが豊富なものがありました。


 

下の段にはダイソーでかった布箱?を使用しています。

子供が運びやすいので、インボックスではなく、こちらにしました。
しっかりとしたワイヤーが入っているので形状維持も問題なさそうです。

でも文字が好きではないので、裏側を表にしています (^_^;)

 

いかがでしたか?

どなたかの参考になれば幸いです。

 

ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると更新の励みになりますので
↓写真のクリックよろしくお願いしますヾ(*´∀`*)ノ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。

スポンサーリンク