ふてくされた子供の機嫌がよくなる魔法の言葉〜我が家編〜

育児

広告

 

 

こんにちは。

今日もわんぱく4歳の息子と、さらにわんぱく2歳の娘と日々格闘中のママです。

 

大変な事も多いけど、

こんな事も言うようになったのね💕

え。こんな事もできるの?💕

と、2人の日々の成長を幸せに感じています。

 

もうすぐ5歳の息子も、一丁前に、ふてくされる事が多くなりました。

「ふてくされる」というのは、自分の気持ちを表現していて、成長のあかしと捉えればとても良いことなのですが・・・その相手をするのは正直面倒です😅

 

 

ふてくされる理由は、ほとんどが兄妹ケンカでママが怒ったとき。

しかも私が家事をしていて見てない時に起こる事がほとんどだから、

息子からすると、状況を見てないのに怒られて、もう嫌😤 って気持ちなんだと思います。

 

 

上の子ばかりを怒っている訳ではありませんが、やはり話を理解してくれる上の子に怒ってしまいがちなんですよね。

 

「お兄ちゃんなんだから」とは言わないようにしてるけど、

「妹ちゃんが悪くても、まだ出来ないことがあるから、お兄ちゃんがこうしなきゃいけないでしょ」と結局は上の子が怒られている感じになってしまいます。

叱ること、教えることって、本当に難しい😣

 

自分が悪い時は、素直に謝ることが出来る子なので
ふてくされるのは「自分が悪くない」ときなの。

自分が悪くないのに怒られて、反論もできないから、

「もういいよ😤」とプンプンしてクローゼットに隠れたり、脱衣所にこもったりしちゃう。

 

 

そんな時はまず放置です。

怒っている時に声をかけたりしても余計に逃げて反抗するだけなので🤚

少し放置すると、なんで構ってくれないの?と自らママの様子を見に来ます。

そこで私は、笑顔でおいで〜と手を広げて迎えます。

抱きしめながら、そこで!魔法の一言。

 

✨「どうして怒っているの?教えて?」✨

 

すると、待ってました!話したかったんだよ!と言わんばかりに

「僕はね、ママが××××って言ったから怒っているんだよ。」や、

「あの時は、こうだったから妹ちゃん泣いたんだよ。」と教えてくれます。

ママが間違っていた場合はちゃんと謝って、ママが怒った理由もちゃんと説明する。

息子の話を聞いてあげると、ママの話もちゃんときいてくれます。

 

 

ゆっくり話を聞けない時にも効果抜群!

スーパーや飲食店で、ふてくされた時にも、

「どうして怒っているの?」と聞くと、

構ってくれて満足するようで、機嫌がよくなりますよ♪

 

 

と、いつも優しいママのお話。って感じで書いてみましたが、

手が離せない時や忙しいときは、本当に面倒だと感じてしまいます。

ちょっとでいいから一人にして!!って言いたくなったり。

子育てって色々あるけど、

少し心にゆとりを持って育児ができたらいいなと思っています。

 

なんてことない言葉だけど魔法の言葉、一度試してみてください😃

 

 

ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がると更新の励みになりますので
↓写真のクリックをどうぞよろしくお願いします(>人<;)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク

育児

Posted by mama